海外技術雑誌・標題  「食品と容器」誌 2004年 5月号 掲載分

海外・雑誌・標題へ
トップページへ
閉じる

邦文の題名は内容に従って付けてありますので,原題と異なる場合があります。

Beverage World(U.S.A.),Vol.122,Dec.(2003).
 ○2003年のGlobal Design賞を受賞した飲料容器
  (銀賞)
  And,the Winner is...
  M.LUBLINER・・・・・・・・・・・・・30〜32,34
 ○Pack Expoに見る飲料製造装置
  Packing It in at the Expo・・・・・・・ 40〜41

Journal of Food Science(U.S.A.),Vol. 69,Jan.-Feb.(2004).
 ○加熱によるポリリン酸塩の抗酸化特性の強化
  Cooking Enhances the Antioxidant
  Properties of Polyphosphates
  D.M,.WEILMEIER and J.M.REGENSTEIN
     ・・・・・・・・・・・FCT16〜FCT23
 ○一酸化炭素MA包装がビーフステーキおよびビーフ
  挽肉の品質に及ぼす影響
  Carbon Monoxide in Modified Atmosphere
  Packaging Affects Color, Shelf Life
  and Microorganisms of Beef Steaks       
  and Ground Beef                
  M.C.HUNT, et al.・・・・・・FCT45〜FCT52
 ○加熱食品のフレーバー保持の改善のためのβ−サイ
  クロデキストリンの用途
  Utilization of β-Cyclodextrin for
  Improved Flavor Retention in
  Thermally Processed Foods
  T.A.REINECCIUS, et al.
      ・・・・・・・・・・FCT58〜FCT62
 ○生鮮および加工チェリーのトータルアントシアニン
  とフェノール化合物とその抗酸化特性
  Total Anthocyanins and Total Phenolics
  of Fresh and Processed Cherries and
  their Antioxidant Properties
  A.CHAOVANALIKIT and R.E.WROLSTAD
     ・・・・・・・・・・・FCT67〜FCT72
 ○アロマ成分がオレンジベースのソフトドリンクの微
  生物安定化に与える影響
  Effect of Aroma Compounds on the
  Microbial Stabilization of Orange-
  based Soft Drinks
  M.NDAGIJIMANA, et al.
     ・・・・・・・・・・・SNQ20〜SNQ24
 ○芳香ジャスミン米の物理化学的特性とアジアの消費
  者の受容
  Physicochemical Characterization
  and Consumer Acceptance by Asian
  Consumers of Aromatic Jasmine Rice
  S.SUWANSRI and J.-F.MEULIENET
     ・・・・・・・・・・・SNQ30〜SNQ37

The Canmaker(U.K.),Vol.17,Feb.(2004).
 ○ヨーロッパのペットフード市場
  Canned Pet Food Holds out in Europe
  J.NUTTING ・・・・・・・・・・・・・・・20〜21

Beverage World(U.S.A.),Vol.123,Feb.(2004).
 ○世界のビール市場
  Global Beer
  H.TODD・・・・・・・・・・・・・・・・・39〜41

The Filling Business(U.K.),Feb.(2004).
 ○低酸性食品の無菌充填
  Low-acid Challenge
  H.FORCINIO・・・・・・・・・・・・・・・10〜11

Food Engineering(U.S.A.),Vol.76,Feb.(2004).
 ○最近の機能性包装
  Food Packaging Materials & Containers
  K.MARTIN・・・・・・・・・・・・・・・・19〜22
 ○成長する無菌充填製品
  Will Aseptic Heat Up?
  K.T.HIGGINS ・・・・・・・・・・・・・・43〜46

Food Technology(U.S.A.),Vol.58,Feb.(2004).
 ○食品のバイオ抗菌剤としての植物の利用
  Use of Botanicals as Biopreservatives
  in Foods
  F.A.DRAUGHON  ・・・・・・20〜22,24,26〜28
 ○タンパク質と機能性食品
  Dawning of the Age of Proteins
  D.E.PSZCZOLA ・・・・・56,58,60,62,64〜69
 ○食物繊維の強化と健康効能
  Fortifying with Fiber
  L.M.OHR・・・・・・・・・・・・・・・・71〜75
 ○食品分析におけるサンプリング技術の進歩
  Advances in Food Sampling
  J.GIESE ・・・・・・・・・・・・・・・・76〜78
 ○フードサービス用の食品包装 
  Packaging for Foodservice
  A.L.BRODY ・・・・・・・・・・・・・・・82〜84

Prepared Foods(U.S.A.),Vol.173,Feb.(2004).
 ○体重管理食品の研究開発の傾向調査
  Surfing the Trends of Weight Control     
  Formulations
  M.A.WADE・・・・・・・・・・・・34〜36,38,40
 ○女性と骨の健康
  Women's Bone Health
  A.HOLAY ・・・・・・・・・・・・・・・・・・64
 ○ダイズ飲料用のフレーバー
  Beverages from Beans・・・・・・・・・・・・66

Food Engineering & Ingredients(U.S.A.),Vol.29,Feb.(2004).
 ○CIPの効率をあげる衛生的なデザイン
  Cleanability Precondition for CIP
  L.JOPPEN・・・・・・・・・・・・・・・・20〜21
 ○見直されるパッケージデザイン
  Rethink Package Design
  M.REUVERS ・・・・・・・・・・・36〜37,39〜40

International Bottler & Packer(U.K.),Vol.78,Feb.(2004).
 ○最近の無菌カートンの充填と包装
  Focus on Aseptic Carton Filling and
  Packing ・・・・・・・・・・・・・・・・36〜40

Tea & Coffee Trade Journal(U.S.A.),Vol.176,Feb.(2004).
 ○コーヒーの焙煎温度測定法の進歩
  Temperature Probes:Accurately Measuring
  the Advancement of Coffee Roasting
  T.DAVIS and P.RIBICH・・・・・・16,18,20〜22

Food Processing(U.K.),Vol.73,Mar.(2004).
 ○休止時間と操作コストを削減する固液分離システム
  Taken by Storm
  J.FIELDER ・・・・・・・・・・・・・・・・・22

Prepared Foods(U.S.A.),Vol.173,Mar.(2004).
 ○2004年,新製品年次報告
  2004 New Products Annual
  ・ベーカリー製品
   Skip the Carbs, Not the Taste
   G.KUHN・・・・・・・・・・・・15〜16,18,20
  ・飲料
   Healthful Hints Buoy Beverages
   W.A.ROBERTS,JR. ・・・・・・・・・23〜24,26
  ・スナック
   Stacks of Snacks
   W.A.ROBERTS,JR. ・・・・・・・29〜30,32,34
  ・乳製品
   On the (Dairy) Case
   W.A.ROBERTS,JR. ・・・・・・・37〜38,40,42
  ・トップ20企業
   Major Players Experience Major Increases
   L.DORNBLASER ・・・・・・・・・・・・・・46
  ・プロテイン製品
   Protein Power
   A.ARCHIBALD
     ・・・・・NS3〜NS4,NS7〜NS8
  ・バイオアクティブ製品
   Buying into Bioactives
   C.D.O'DONNELL・・・・NS9,NS11〜NS13
  ・栄養脂肪
   Get Fat to Get Fit
   M.A.WADE・・・・・・・NS15〜NS16,NS18
  ・食物繊維製品
   Very “Gut" Fiber
   A.ARCHIBALD     
       ・・・・NS21〜NS22,NS24〜NS26
  ・調理済み食品
   Prepped for Success
   W.A.ROBERTS,JR. ・・・・・・・77〜78,80,82
  ・シリアルおよびヘルスバー
   Cereals and Health Bars
        ・・・・・・・・・・85〜86,88,90
  ・サイドディッシュ
   Side Lines
   W.A.ROBERTS,JR. ・・・・・・・・・93〜94,96
  ・フードサービス
   Foodservice Goes Upscale
   M.A.WADE・・・・・・・99〜100,102,104,106
  ・2004年,アメリカの包装食品市場の予測
   2004 Predictions for the U.S. Packaged
   Goods Market ・・・・・・・・・・・108〜109

海外・雑誌・標題へ
トップページへ
閉じる