缶詰技術研究会 −月刊誌「食品と容器」発刊− 食産業の更なる技術向上のために 当会は、食品・飲料および容器・包装に関する技術情報専門の月刊誌「食品と容器」の発刊を柱に、技術情報の提供、技術サービスを行っています。また、食品加工技術を分かりやすく解説したDVD・ビデオテープも用意しています。

サイト内検索 powered by Google

本誌の掲載図表/写真(カラー版)

2021年2月号掲載

シリーズ解説;食と健康 -食を知り食を生かそう- 第15回
DHA・EPAの健康機能
第1表 DHA やEPA の効能効果
(本誌 P80参照)2021-02-C001
シリーズ解説;食と健康 -食を知り食を生かそう- 第15回
DHA・EPAの健康機能
第2表 母乳の主な脂肪酸組成(%)
(本誌 P81参照)2021-02-C002
シリーズ解説;食と健康 -食を知り食を生かそう- 第15回
DHA・EPAの健康機能
写真1 臨床所見の例
(本誌 P83参照)2021-02-C003
シリーズ解説;食と健康 -食を知り食を生かそう- 第15回
DHA・EPAの健康機能
第3図 DHA の脂質異常症に及ぼす影響
(本誌 P83参照)2021-02-C004
シリーズ解説;食と健康 -食を知り食を生かそう- 第15回
DHA・EPAの健康機能
第5図 DHA の神経細胞NMDA 受容体応答に対する影響
(本誌 P85参照)2021-02-C005
シリーズ解説;食と健康 -食を知り食を生かそう- 第15回
DHA・EPAの健康機能
第6図 DHA のシナプス伝達の長期増強に及ぼす影響
AA:アラキドン酸,LA:リノール酸
(本誌 P85参照)2021-02-C006
シリーズ解説;食と健康 -食を知り食を生かそう- 第15回
DHA・EPAの健康機能
第7図 DHA の認知機能に及ぼす影響
(本誌 P86参照)2021-02-C007
特別解説;食料・飼料としての昆虫の価値と未来
〜持続可能な食糧生産に向けて〜
第3図 世界の部門別温室効果ガス 排出量の割合 EAT(2020)をもとに作成
(本誌 P119参照)2021-02-C008
特別解説;食料・飼料としての昆虫の価値と未来
〜持続可能な食糧生産に向けて〜
第4図 LCA によるミルワーム2種および 家畜における体重1s増加にかかる環境負荷
温室効果ガス排出量(左) 必要な面積(中) エネルギー消費量(右) いずれもOonincx ら(2012)より
(本誌 P121参照)2021-02-C009
特別解説;食料・飼料としての昆虫の価値と未来
〜持続可能な食糧生産に向けて〜
写真1 ハチノスツヅリガの幼虫(ハニーワーム)
蜂の子のような濃厚な旨味が詰まった味を楽しめる。
(本誌 P121参照)2021-02-C010
特別解説;食料・飼料としての昆虫の価値と未来
〜持続可能な食糧生産に向けて〜
写真2 コオロギせんべい 1袋でコオロギ約30 頭。190 円。
(本誌 P123参照)2021-02-C011
特別解説;食料・飼料としての昆虫の価値と未来
〜持続可能な食糧生産に向けて〜
写真3 日本の食品業界においても,動物肉に代わるタンパク質の模索が続く
写真左:ドトールコーヒー,右:セブンイレブンにて
(本誌 P123参照)2021-02-C012
Page Top   Home