缶詰技術研究会 −月刊誌「食品と容器」発刊− 食産業の更なる技術向上のために 当会は、食品・飲料および容器・包装に関する技術情報専門の月刊誌「食品と容器」の発刊を柱に、技術情報の提供、技術サービスを行っています。また、食品加工技術を分かりやすく解説したDVD・ビデオテープも用意しています。

サイト内検索 powered by Google

本誌の掲載図表/写真(カラー版)

2019年2月号掲載

シリーズ解説;地域の食品産業を支える技術開発 第14回
吟醸酒の酒粕を使用した『にごり酢』の開発
第8図 酒粕酢『にごり酢』
(本誌 P84参照)2019-02-C001
製品紹介;生体模倣(バイオミメティクス)による食品包装フィルムの開発
第1回 蓮の葉の表面形態と超撥水コーティング
第1図 蓮の葉の表面構造
(本誌 P95参照)2019-02-C002
製品紹介;生体模倣(バイオミメティクス)による食品包装フィルムの開発
第1回 蓮の葉の表面形態と超撥水コーティング
第2図 超撥水コーティングの表面構造
(本誌 P95参照)2019-02-C003
製品紹介;生体模倣(バイオミメティクス)による食品包装フィルムの開発
第1回 蓮の葉の表面形態と超撥水コーティング
第3図 シロップの付着防止
(本誌 P95参照)2019-02-C004
製品紹介;生体模倣(バイオミメティクス)による食品包装フィルムの開発
第1回 蓮の葉の表面形態と超撥水コーティング
第4図 ヨーグルト蓋材の身離れ(SNT,大和製罐(株))
(本誌 P96参照)2019-02-C005
製品紹介;生体模倣(バイオミメティクス)による食品包装フィルムの開発
第1回 蓮の葉の表面形態と超撥水コーティング
第5図 粘性液体(シロップ)の取り出しやすくなる
超撥水パウチ(上),通常のパウチ袋(下)
(本誌 P96参照)2019-02-C006
製品紹介;生体模倣(バイオミメティクス)による食品包装フィルムの開発
第1回 蓮の葉の表面形態と超撥水コーティング
第6図 超撥水コーティングによる泡立ちの持続
(本誌 P96参照)2019-02-C007
製品紹介;生体模倣(バイオミメティクス)による食品包装フィルムの開発
第1回 蓮の葉の表面形態と超撥水コーティング
第7図 ビールの泡立ちが長く続く容器(桜エール,アサヒビール社のご協力による)
(本誌 P97参照)2019-02-C008
特別解説;ゲル状食品のレオロジーとテクスチャー評価
第4図 BST 式に従う応力−ひずみ曲線の例;
E=10,000 Pa と仮定 a:n≦1,b:n≧1の場合
(本誌 P134参照)2019-02-C009
特別解説;ゲル状食品のレオロジーとテクスチャー評価
第5図 内部鎖と高分子の広がり
(本誌 P134参照)2019-02-C010
特別解説;ゲル状食品のレオロジーとテクスチャー評価
第11 図 ゲル状食品におけるnと(σp/ E)の関係
(本誌 P136参照)2019-02-C011
特別解説;ゲル状食品のレオロジーとテクスチャー評価
第12 図 ゲル状食品のテクスチャー評価のスキーム
(本誌 P137参照)2019-02-C012
Page Top   Home