缶詰技術研究会 −月刊誌「食品と容器」発刊− 食産業の更なる技術向上のために 当会は、食品・飲料および容器・包装に関する技術情報専門の月刊誌「食品と容器」の発刊を柱に、技術情報の提供、技術サービスを行っています。また、食品加工技術を分かりやすく解説したDVD・ビデオテープも用意しています。

サイト内検索 powered by Google

本誌の掲載図表/写真(カラー版)

2018年8月号掲載

シリーズ解説:地域の食品産業を支える技術開発(第9回)
有明海産海苔の機能性研究と商品化への取り組み
第1図 通常の海苔と色落ち海苔 左:通常の海苔,右:色落ち海苔
(本誌 P480参照)2018-08-C074
シリーズ解説:地域の食品産業を支える技術開発(第9回)
有明海産海苔の機能性研究と商品化への取り組み
第7図 ゼロエミッション型POR 製造システムの提案
(本誌 P483参照)2018-08-C075
シリーズ解説:地域の食品産業を支える技術開発(第9回)
有明海産海苔の機能性研究と商品化への取り組み
第10 図 海苔由来成分の特性を活かした商品 左:佐賀海苔とろとろしょうゆ,右:始の青汁
(本誌 P485参照)2018-08-C076
シリーズ解説:食品の非破壊評価技術(第13回)
発酵食品や真空調理食品の品質評価に関する近赤外分光法による容器まるごと測定
第1図 春仕込みのデータを使用して解析した,保存場所の差異に関する熟成期間の推定
(本誌 P488参照)2018-08-C077
シリーズ解説:食品の非破壊評価技術(第13回)
発酵食品や真空調理食品の品質評価に関する近赤外分光法による容器まるごと測定
第2図 すべての熟成法のデータを使用して解析した,仕込み時期の差異に関する熟成期間の推定
(本誌 P488参照)2018-08-C078
シリーズ解説:食品の非破壊評価技術(第13回)
発酵食品や真空調理食品の品質評価に関する近赤外分光法による容器まるごと測定
第8図 冷凍サトイモの近赤外スペクトル(600 〜 970 nm)のPCA のスコアプロット (PC1vsPC2)
(本誌 P492参照)2018-08-C079
Page Top   Home