缶詰技術研究会 −月刊誌「食品と容器」発刊− 食産業の更なる技術向上のために 当会は、食品・飲料および容器・包装に関する技術情報専門の月刊誌「食品と容器」の発刊を柱に、技術情報の提供、技術サービスを行っています。また、食品加工技術を分かりやすく解説したDVD・ビデオテープも用意しています。

サイト内検索 powered by Google

本誌の掲載図表/写真(カラー版)

2018年7月号掲載

シリーズ解説:地域の食品産業を支える技術開発(第8回)
国産赤ワインにおけるオフフレーバー「フェノレ」とその発生防止
第3図  ワイン製造工程から分離したBrettanomyces 属酵母の光学顕微鏡写真(1000 倍で観察)
(本誌 P416参照)2018-07-C065
シリーズ解説:食品の非破壊評価技術(第12回)
鮮魚および肥育牛の目を用いた食品情報
第3図 貯蔵温度20℃における瞳孔および色素胞の変化
(本誌 P423参照)2018-07-C066
シリーズ解説:食品の非破壊評価技術(第12回)
鮮魚および肥育牛の目を用いた食品情報
第7図 ウグイの眼液の吸光度
(本誌 P425参照)2018-07-C067
シリーズ解説:食品の非破壊評価技術(第12回)
鮮魚および肥育牛の目を用いた食品情報
第8図 ウグイの眼液の蛍光ピーク
(本誌 P425参照)2018-07-C068
シリーズ解説:食品の非破壊評価技術(第12回)
鮮魚および肥育牛の目を用いた食品情報
第9図 肥育牛のVit.A 制御の一例と牛の瞳孔画像
(本誌 P425参照)2018-07-C069
特別解説: 網羅解析技術で食品の機能性を明らかにする
第3図 ケルセチン摂取に寄与する夏季及び冬季の食品
(本誌 P461参照)2018-07-C070
特別解説: 網羅解析技術で食品の機能性を明らかにする
第4図  遺伝子発現の網羅解析で予想されるケルセチンのメタボリックシンドローム改善作用のメカニズム
(本誌 P462参照)2018-07-C071
特別解説: 網羅解析技術で食品の機能性を明らかにする
第5図  網羅解析による遺伝子発現変化の比較から予想されるクルクミンの肥満モデルマウスの内臓脂肪組織への作用
(本誌 P463参照)2018-07-C072
特別解説: 網羅解析技術で食品の機能性を明らかにする
第6図 脂質の網羅解析により示された西洋型食及びクルクミンによる内臓脂肪組織の脂質の変化
内臓脂肪組織の脂質を超臨界クロマトグラフィー/ 質量分析(SFC/MS)を用いて網羅解析した結果を主成分分析した
(本誌 P463参照)2018-07-C073
Page Top   Home