缶詰技術研究会 −月刊誌「食品と容器」発刊− 食産業の更なる技術向上のために 当会は、食品・飲料および容器・包装に関する技術情報専門の月刊誌「食品と容器」の発刊を柱に、技術情報の提供、技術サービスを行っています。また、食品加工技術を分かりやすく解説したDVD・ビデオテープも用意しています。

サイト内検索 powered by Google

本誌の掲載図表/写真(カラー版)

2018年2月号掲載

シリーズ解説:地域の食品産業を支える技術開発(第3回)
従来の乳化剤に替わる米粉由来食品素材の開発
第5図 製法の違いによる乳化能比較
(本誌 P84参照)2018-02-C001
シリーズ解説:地域の食品産業を支える技術開発(第3回)
従来の乳化剤に替わる米粉由来食品素材の開発
第1 表 SHS +リパーゼ処理乳化能米粉添加食パンの評価
(本誌 P84参照)2018-02-C002
シリーズ解説:地域の食品産業を支える技術開発(第2回)
凍結融解を利用した豆乳タンパク質の分画技術
第3図 分離生豆乳から調製した豆腐の写真
左:フレッシュグリーンジュース − 3〜4 日の製品寿命
中:熱処理後 − 色の喪失,栄養価と品質の低下
右:PEF 処理したEleaCoolJuice(TM) − 新鮮な味,明るい色,長い貯蔵寿命,市場増加,低温加工,栄養価保持,省エネルギー
(本誌 P107参照)2018-02-C003
Page Top   Home