缶詰技術研究会 −月刊誌「食品と容器」発刊− 食産業の更なる技術向上のために 当会は、食品・飲料および容器・包装に関する技術情報専門の月刊誌「食品と容器」の発刊を柱に、技術情報の提供、技術サービスを行っています。また、食品加工技術を分かりやすく解説したDVD・ビデオテープも用意しています。

サイト内検索 powered by Google

本誌の掲載図表/写真(カラー版)

2014年8月号掲載


シリーズ解説:日本の伝統食品(第16回) 一夜干し
第1図 一夜干しの原材料として使用される冷凍マアジ
(本誌 P473参照)2014-08-C047


シリーズ解説:日本の伝統食品(第16回) 一夜干し
第2図 マアジを機械により腹開きにしている様子
(本誌 P473参照)2014-08-C048

シリーズ解説:日本の伝統食品(第16回) 一夜干し
第3図 機械により腹開きにされたマアジは人の手により内蔵を除去される
(本誌 P473参照)2014-08-C049

シリーズ解説:日本の伝統食品(第16回) 一夜干し
第4図 ホースでの吸引により残った血や汚れが除去される
(本誌 P473参照)2014-08-C050


シリーズ解説:日本の伝統食品(第16回) 一夜干し
第5図 塩漬けの様子
(本誌 P474参照)2014-08-C051


シリーズ解説:日本の伝統食品(第16回) 一夜干し
第6図 遠赤外線による干物の乾燥
(本誌 P474参照)2014-08-C052


シリーズ解説:日本の伝統食品(第16回) 一夜干し
第7図 山安製 小田原産地物アジの干物
(本誌 P474参照)2014-08-C053

シリーズ解説:日本の伝統食品(第16回) 一夜干し
第8図 丸赤商店の干物に使用される下処理済み原料魚
(本誌 P475参照)2014-08-C054

シリーズ解説:日本の伝統食品(第16回) 一夜干し
第9図 湯島丸赤商店製 鹿児島県出水産マアジの干物
(本誌 P475参照)2014-08-C055

シリーズ解説:果実とその加工品の話(第22回)
果実・果汁飲料と機能性成分(20)
ビワ茶の健康維持機能
第1図 ビワ茶の製造過程と機能性成分分画
(本誌 P477参照)2014-08-C056

シリーズ解説:果実とその加工品の話(第22回)
果実・果汁飲料と機能性成分(20)
ビワ茶の健康維持機能
第2図 ビワ葉とビワ茶の高速液体クロマトグラフィー分析
(本誌 P477参照)2014-08-C057

シリーズ解説:果実とその加工品の話(第22回)
果実・果汁飲料と機能性成分(20)
ビワ茶の健康維持機能
第4図 ビワ茶によるヒト前骨髄白血病細胞のアポトーシス誘導機序
(本誌 P479参照)2014-08-C058

シリーズ解説:果実とその加工品の話(第22回)
果実・果汁飲料と機能性成分(20)
ビワ茶の健康維持機能
第6図 ビワ茶の細菌リポ多糖誘導性マウス足腫れの抑制効果(A)および血中炎症性因子の低減効果(B) C:画分C,LPS:リポ多糖
(本誌 P480参照)2014-08-C059

風水樹花徒然記☆16
奥の深いハス
写真1 池に群生するハス,横浜三渓園,2008年8月撮影。
(本誌 P511参照)2014-08-C060

風水樹花徒然記☆16
奥の深いハス
写真2 開花食後のハスの花,横浜三渓園,2008年8月撮影。
(本誌 P511参照)2014-08-C061

風水樹花徒然記☆16
奥の深いハス
写真3 ハスの若い果実,茨城県城里町徳蔵。2009年8月撮影。
(本誌 P512参照)2014-08-C062

風水樹花徒然記☆16
奥の深いハス
写真4 ハスの花,茨城県城里町徳蔵。2009年8月撮影。
(本誌 P513参照)2014-08-C063

目次「ハナビラクマノミ」 バリ島(インドネシア)
Page Top   Home