缶詰技術研究会 −月刊誌「食品と容器」発刊− 食産業の更なる技術向上のために 当会は、食品・飲料および容器・包装に関する技術情報専門の月刊誌「食品と容器」の発刊を柱に、技術情報の提供、技術サービスを行っています。また、食品加工技術を分かりやすく解説したDVD・ビデオテープも用意しています。

サイト内検索 powered by Google

本誌の掲載図表/写真(カラー版)

2013年9月号掲載


シリーズ解説:日本の伝統食品 第6回 煮干し
写真1 魚種の異なる煮干し
(上からマイワシ,ウルメイワシ,カタクチイワシ,マアジ,ムロアジ,マルアジ,サンマ)
(本誌 P536参照)2013-09-C056


シリーズ解説:日本の伝統食品  第6回 煮干し
写真2 原料の鮮度が悪く腹部の壊れた煮干し
(本誌 P537参照)2013-09-C057


シリーズ解説:日本の伝統食品 第6回 煮干し
写真3 異なる温度で120日間貯蔵した煮干しの外観
(A:30℃,B:20℃,C:0℃,D:−20℃,E:−30℃)
(本誌 P540参照)2013-09-C059


目次「キュランダ鉄道」ケアンズ(オーストラリア)
Page Top   Home